福祉の仕事で知っておきくべきこと

医療福祉の仕事と言えば、介護系の仕事です。介護福祉士などの介護士が、高齢者や障害がある方の介助を行う業務を思い浮かべるかもしれません。
確かに介護現場で利用者の介助を行う介護士は、医療福祉、特に福祉サービスに欠かすことのできない重要な仕事です。
しかし、サービス利用者を直接介助することだけが、福祉の仕事という訳ではありません。福祉サービスを利用するためには、行政機関からの公的支援を受ける手続きが必要で、こうした公的支援の申請や案内を行うことも、福祉の重要な仕事です。
これは、サービス利用者の自己負担が過剰にならないよう、福祉サービスが医療や教育と同様に国や市町村などの行政主体から公的支援を受けて運営されているためです。

サービス利用者に対して公的支援の紹介を行う職種として、社会福祉士や社会福祉主事が挙げられます。
社会福祉士は、高齢者や障害者が個々の事情に応じた最適の福祉サービスを受けられるようサポートします。
社会福祉主事は福祉事務所に勤務する公務員で、行政機関の一部として福祉サービス利用希望者等に福祉サービスを案内します。
介護事務の仕事は、行政機関に対して報酬や補助金を請求する大切な仕事を担います。
介護現場に勤める職種として有名なのが、ケアマネージャーです。ケアマネージャーは利用者の状況に適した介護計画を作成し、ケアプランに基づいた支援を提案します。
ただし、社会福祉士やケアマネージャーは、人手不足の現場で介護職員の介助業務を手伝うことも珍しくありません。